こんにちは。

テストコアNO3にガッツリはまってしまった管理人です。

全ての男性に飲んでもらっても全く問題が無いほどクオリティの高い増大サプリ【テストコアNO3】

友人知人、すれ違う人など見境なしにお勧めして歩いているワケですが、最近こんなことを聞かれます。

テストコアNO3の正しい飲み方ってなんなのさ?

確かに!私もそこまで意識したことはなかった!!!

というわけで、今回はいろいろな飲み方を試して飲んでみました。

基本的に推奨されている飲み方

まずは”間違いの無い”推奨されている飲み方をご紹介します。

飲み方わかんねーよ!と不安に思った方はとりあえずこの飲み方に従っていただければ間違いはありません。

推奨摂取法:1日に飲む量は7粒〜10粒

テストコアNO3_飲み方_1日の推奨量は7粒

テストコアNO3の推奨摂取量は7粒です。

毎日忘れずに7粒を飲むのが最もベーシックな飲み方である点だけをとりあえず覚えておけば間違い有りません。

7粒に配合されている成分量はこちら。

  • テストフェン:450mg
  • サビート:1,000mg
  • S7:50mg
  • アルギニン&シトルリン:500mg
  • 亜鉛:9mg
  • アストラジン:50mg
  • バイオペリン;5mg

いずれも原料の開発メーカーが推奨する量が入っています。

つまり、普通の人であれば、十分に効果を体感できるはずの分量が配合されているのです。

推奨摂取法:水かぬるま湯で飲む

テストコアNO3_飲み方_水かぬるま湯で飲む

テストコアNO3のパッケージ裏面に記載の内容を確認する限り、水かぬるま湯で飲むのがベスト。

一方でコーヒーや緑茶などカフェインたっぷりのドリンクで流し込むのはNGです。

カフェインが亜鉛などミネラルの吸収を阻害するため、相性最悪なんです。ちなみに、ビタミンなどとも相性は悪いので、コーヒーはビタミン剤とミックスしては絶対にイケないんですよ!

参照:コーヒー・カフェインのデメリット

推奨摂取法:あくまでも健康維持食品として活用

テストコアNO3_飲み方_あくまでも健康補助食品

飲み方で最も重要なポイントが、テストコアNO3はあくまでも「健康補助食品」であるということ。

テストコアNO3は機能性表示食品(亜鉛)を取得しているが、だからといって食事の代わりになるワケではないので勘違いしてはいけません。

ペニスペックはとっても敏感。少しでも不健康な生活が続くと一気に低下します。

テストコアNO3を飲んでいれば、健康的な生活を送れるわけでもありません!

まず、朝夜晩の3食はしっかりと食べることを意識してください。

脂肪ばっかりのデブフードには偏らないように。低脂質高タンパクの食事を取りつつ、テストコアNO3を飲むようにすることがペニスペック向上には効果的です。

テストコアNO3の効果を最大化するために10の飲み方を試してみた

と、いうことであくまでも”一般的な推奨”の飲み方をご紹介しました。

しかし!

サプリの効果には個人差がつきもの!

飲み方によっても全然効果が異なったりします!

というわけで、ペニスペックに悩んでいた管理人が色々と試行錯誤してみました。

推奨の飲み方から外れた飲み方で副作用は発生しないのか!?効果の強さに違いはあるのか!?

そんな気になるポイントを全てご紹介します!

飲み方1.推奨されている飲み方を試してみた。

テストコアNO3_飲み方_7粒で飲んでみた

全然推奨されていない飲み方をしてみるぜ!と意気込みましたが、まずは推奨の飲み方での変化からお話しましょう。

夕方頃、仕事が一段落したタイミングで7粒を飲んでみました。ちなみに、レビューを行っていたときの飲み方です。

効果は期待通り。翌日はしっかりとムラムラ。就寝前にムンバイの香りに包まれるのも相変わらずです。(笑)

で、翌日はしっかりと疲労感は抜けますね。素晴らしい。朝立ちもビンビンで男の自信もしっかり増大してくれちゃいます。

ホント、これだけで飲み方の検証いらなくね?って思っちゃいました。

飲み方2.10粒に増やしてみた

検証いらなくね?とは思いつつ、ちょっと粒数を増やしてみました。

10粒。

各成分の摂取量は次のようなにアップ。

  • テストフェン:643mg
  • サビート:1,429mg
  • S7:71mg
  • アルギニン&シトルリン:714mg
  • 亜鉛:14mg
  • アストラジン:71mg
  • バイオペリン:7mg

圧倒的ですね。で、10粒の飲み方を始めて見て、最初に気が付いたことはゲップがめちゃくちゃ臭いこと笑

テストフェンだと思うのですが、ムンバイの香りがゲップの度に戻ってきます。7粒の飲み方の時よりも香りは強烈。

ゲップ癖がある人にはキツいかも知れません。

テストコアNO3_飲み方_ゲップがキツい

10日間10粒の飲み方を継続してみた結果、かなり違いは感じますね。

グンっ!って感じだったのが、ギュンっ!って感じに変わりました。

持続面でも効果実感。射精した後も勃起状態が続くのです。これはすごい。

1日当たりのコスト感もあるので、バランスを見ながらをおすすめしますが、個人的には10粒で飲む価値の方が強いと思いましたね。

飲み方3.14粒にトライしてみた

テストコアNO3_飲み方_14粒

実はさらに飲む量を増やして、毎日14粒の飲み方にもトライしてみました。

14粒となると摂取する成分量は次のような感じ。

  • テストフェン:900mg
  • サビート:2,000mg
  • S7:100mg
  • アルギニン&シトルリン:1,000mg
  • 亜鉛:20mg
  • アストラジン:100mg

14粒の飲み方は、飲みきるのに困る。14粒は多い。めちゃくちゃ多い。

一苦労どころじゃなくて、十苦労した気がしました。

で、重要な効果の面ですが、個人的な1日10粒で飲んでいた時と大きな変化を観じることは出来ませんでした。

また、14粒飲むときの不安が1つ。それが亜鉛の摂取量です。

14粒で飲むと、20mgを毎日摂取することになります。海外で発表されているデータによれば、亜鉛の上限摂取量は1日40mg。(推奨摂取量は10mg。)

参照:亜鉛 − 厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業

つまり14粒のテストコアNO3だけで、1日の上限摂取量の半分までいってしまうのです。

レバーとか牡蠣とか亜鉛を豊富に含むものを食べた日には、すぐに超えてしまいます..。

1日超えたくらいでは、大きな影響が出ることはありませんが、14粒の飲み方を継続すると超える日が多くなりそうです。

飲み方4.夜にまとめて飲んでみた

テストコアNO3_飲み方_夜に飲んでみた

効果を感じる上で、個人的に非常に重要な飲み方だと感じたのがコレ!

夜にまとめて飲む事!

就寝前に飲み始めるようになってから、やけに効果を感じやすくなった気がするんです。

朝立ちの力強さもいつもの1.5倍立ちのような感じ。

テストコアNO3_レビュー_サイズ増

で、よくよく調べて見たら、ペニスペックに非常に重要な2つのホルモン「成長ホルモン」と「テストステロン」は、寝ている間に分泌されるとのこと。

参照:睡眠関連ホルモンの計測 − 田ヶ谷浩邦

だからこそ寝る前にテストコアNO3をしっかりと飲む事で、寝ている間にホルモンがドバドバ出るというワケ。

その結果、バキバキの朝立ちと強烈なムラムラ感を感じられるようになるのです。

公式からは何も言われていませんが、個人的には夜飲むのはマスト。

効かないな...。って思ってたら、まず飲むタイミングを就寝前にしてみてください!

飲み方5.4粒ずつ朝晩飲んでみた

数多くのサプリを販売しているサントリーウェルネスのFAQに次のような文言がありました。

Q.サプリメントを飲むのは朝?夜?適切なタイミングとは

A.1日2粒の場合は、朝・晩に、3粒の場合は、朝・昼・晩に分けて飲用します。

(引用元:サプリメントの飲み方 − サントリーウェルネス

これは実践してみるしかない!!!

というわけで朝と夜に4粒ずつで飲んでみました。

テストコアNO3_飲み方_朝と夜に分けて飲んでみた

結果は...。微妙です。

効果がないわけではありません。朝立ちもそれなり、ムラムラ感もそれなり、セックスの時の立ちもそれなり。

夜にまとめて飲んだ時のようなびっくり!!!という感じにはなりません。

飲み分けにメリットがあるとしたら、胃腸が弱い人にはいいと思いました。ゲップの時の香りの立ち上りが明らかに減ったんです。

胃腸への負担も小さくなっているはず。

効果の面では、明らかに就寝前の一気飲みが正解。

でも、胃もたれなどを感じる人には朝夜の飲み分けも効果的だと思います!

飲み方6.マルチビタミンと合わせてみた

テストコアNO3_飲み方_マルチビタミンと合わせてみた

テストコアNO3を飲むには、マルチビタミンなど他のサプリメントと一緒に飲む事がおすすめ!

バイオペリンはマルチビタミンなどとの相性が非常に良からです。

例えば、CoQ10(コエンザイムQ10)の場合には、単体で飲むよりもバイオペリンと一緒に飲む事で30%も効果的になったと報告があります。

参照:BioPerine Research Highlights

この話を聞いて、私も早速コエンザイムQ10と一緒に飲んでみました!

テストコアNO3_飲み方_コエンザイムQ10

活性酸素の発生を抑える作用が期待できるため、アンチエイジングなどに効果があるようです。

参照:コエンザイムQ10 − DHC

飲み始めからは肌がつやつやになった!(気がします)

コエンザイムQ10以外にもマルチビタミンとの相性は抜群です。是非とも一緒に飲みましょう!

(私はマルチビタミンの効果は全くといって良いほど感じられていません笑)

飲み方7.プロテインで飲んでみた

テストコアNO3_飲み方_プロテインと一緒に飲んでみた

水かぬるま湯で飲むのがおすすめ!と言われているテストコアNO3。

実は効果面でも最強のコンビネーションがあるんです。

それが【プロテイン】

テストコアNO3に入っているアストラジンの作用で、タンパク質を構成するアミノ酸の吸収効率がめちゃくちゃに高まるんです。

例えば、アルギニンは67%、シトルリンは45%も普段よりも効率的に吸収することが可能なのです。

テストコアNO3_飲み方_アストラジンの作用

参照:【原料紹介②】アストラジンとは?どんな効果があるのか − CAMPFIRE

その作用は絶大。(だと思う)

ロードワークでギリギリまで追い込むと翌日は騎乗位じゃないとセックス出来ないほどヘトヘトなのですが、明らかに軽減。

正常位でもガッツリ頑張れます!意外と筋力を使う「ロールスロイス」も頑張れてしまうほど。

テストコアNO3_飲み方_ロールスロイス

テストコアNO3とプロテインを一緒に飲む方法で、筋力回復に効果的なアミノ酸をより多く吸収できている証拠だと思います!

飲み方8.食事と置き換えてみた(1日だけ)

テストコアNO3_飲み方_食べない

空っぽのお腹に食べ物を入れると、超効率で吸収されるから太る。

そんな事を聞いたことがありませんか?

私は聞いたことがありました。

さらに、「高栄養価のサプリなら、食事の代わりになるんじゃないか?」などと血迷ったことも考えてしまったわけです。

そこで試してみたのが、プロテインとテストコアNO3だけ生活。

ハッキリ言います。

この飲み方は全くおすすめできません。

まずテストコアNO3が高栄養価すぎて、空腹時に突っ込むと全力で胃もたれを起こします。

また、空腹感は満たされません。満腹中枢を満たすには、”噛む”ことも重要なポイント。

参照:噛むこととメタボの意外な関係 − 噛むこと研究室

飲むだけではお腹いっぱいになることはないのです。

さらに、そもそもテストコアNO3は「健康補助食品」

バランスの良い食事を摂取することを前提として開発されています。

つまり、正しい飲み方、効果が出る飲み方の一部に、「十分な食事を摂ること」も含まれているわけです。

テストコアNO3を食事に置き換えることは全くおすすめできない飲み方です。

飲み方9.行為の少し前に飲んでみた

テストコアNO3_レビュー_時間増長

テストコアNO3の成分を調べていて気が付いてしまったことがあるんです。

日本でテストコアNO3だけが配合している【S7】。

テストコアNO3_レビュー_S7

摂取してから3時間後に体内の一酸化窒素量が230%にも高まるんです。

そう!つまりセックスの3時間前にテストコアNO3を飲めば...。あとはお察しです。

早速実践してみました。

これがめちゃくちゃ効果的な飲み方!

行為の時にペニスペックが一気に向上する感じが半端ない。特に硬さはアップ。張りが凄いです。

行為の前にテストコアNO3を飲むのはかなりおすすめです!

個人的ベストな飲み方

というわけで、テストコアNO3の飲み方を色々と試してみました。

私にとって最適な粒数は10粒。

安いサプリではないので、お財布には厳しいですがその価値はあると感じています。

飲むタイミングはセックスの3時間前がベスト。

イザというときの隆起の強さは明らか。個人的には強すぎてやべぇと感じるほどでした。

とはいえ、性行為の前に飲むのが1番いいけど、毎日セックスするわけではないのが悩み。

(毎日やれるくらいモテモテの人生を送りたかった...。)

で、性行為がある日以外は、基本的には寝る前が良い感じです。

朝立ちとか毎日の健康的なムラムラ感で、ペニスペックが高まっているのを感じます。

そんな感じで今回はテストコアNO3の飲み方を研究してみました!

おすすめの記事